• 康子

成長ホルモンを増やす習慣

最終更新: 3月27日

最近よく話題になる成長ホルモンは18歳をピークに分泌量が減少してきます。

わずかになったとしても、常に出続けるのがうれしい成分です。

成長ホルモンの働きは

①骨の成長維持

②脂肪代謝促進

③筋肉量維持

④糖代謝

⑤生殖機能維持

⑥免疫機能維持

⑦記憶力、意欲向上

たくさんの働きを持つホルモンですが、分泌量をふやすことができれば、元気で若々しくいられるようです。

◆決まった時間に寝起きする(真っ暗にする ぐっする眠る)

◆空腹の時間をつくる

◆ホルモンの元となるタンパク質、脂質、ビタミンをしっかり食事で補う

◆運動を行う

当たり前のことかもしれませんが、元気を保つのにちょっと工夫してみませんか。

2回の閲覧

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com